ビダリスタで発症する可能性のある副作用

セックスが全くできなくなったなどの症状の他に、最近勃起が持続しない、硬さがなくなったなどの症状も、勃起不全(ED )の症状であることをご存知でしょうか?
性行為が以前のように行えなくなったと感じ始めたら、迷わず専門外来へ受診することをお勧めいたします。

経済的に ED治療薬を利用するのは難しいのか?

ED治療薬は、その抜群の効果で知られていますが、保険適用外となるため高額治療薬であることでも知られています。
経済的に余裕がなく、 ED治療薬の利用を諦めている方も多々存在しているのが現状です。

ED治療薬のジェネリック

新薬の特許が切れた後に、同じ主成分や効能をもつ治療薬の製造・販売が許可されます。
これを、ジェネリック医薬品と呼びます。
ジェネリック医薬品と最初に聞くと、同じような効果が得られるのか?または安全なのか?といった点が気になるところでしょうか?
ジェネリック医薬品は、効果・効能は新薬とほぼ変わらない上に、価格帯がグンと安価になって販売されています。
これは、成分の価格を抑えているわけではなく、多額の開発費がかかっていないことから可能となっているのです。
ですので、高額な新薬より安価なジェネリック医薬品の方が、 ED治療薬でも最近人気があります。

シアリスジェネリック=ビダリスタ

インドに拠点を置くセンチュリオン・ラボラトリーズ社より、ジェネリック ED治療薬としてビダリスタは販売されています。
ジェネリック版シアリスとし、主成分はシアリスと同じタダラフィルで、効果・効能もほぼ同じとされています。
通常、ジェネリック医薬品においては形や色、風味などが変更されて販売されていますが、ビダリスタにおいては、色や形はシアリスとそっくりとなっています。

副作用はあるのか?

主成分をシアリスと同じタダラフィルとするため、副作用や服用時の注意事項もシアリスと同等となります。
よくみられる副作用として
● 頭痛
● 鼻づまり
● ほてり
● 動機
● 目の充血
● めまい
● 胸焼け
● 胃のむかつき
● 消化不良
● 下痢
● 関節痛
● 色覚異常
等があげられますが、全ての症状が一気にあらわれるわけでもありません。
これらの症状は、主成分であるタダラフィルの効能として、血管拡張作用があるために起こる症状で、治療薬の効能が消滅するとともに消えていく症状であるともいえるのです。

しかし、体調や健康状態によって副作用が強く出てしまい、我慢ができない、または危険を感じる症状である場合は、直ちに受診しなくてはいけません。

ビダリスタの服用を決めた人へ・・・

ビダリスタは、現在日本国内では処方されておらず、海外通販または、個人輸入代行業者を通しての購入となります。
多くの海外通販では、なかなかスムーズで納得のいく取引を完了させることは難しく、英語が堪能な方においても、トラブルの発生件数が高いことでも知られています。
個人輸入代行業者とは、あなたに変わって購入のお手伝いから、輸入、ご自宅までの配送をサポートしてくれる業者のことをさします。
ご自身でする海外通販よりも、事件発生率がグンと低くなることでも知られています。

まとめ

● ビダリスタはシアリスジェネリックのため安価である上、効果・効能はシアリスと同等である。
● ビダリスタの副作用も、シアリスの副作用と同等である。
● 日本国内で処方はされておらず、個人で海外より輸入しなければいけない。
この場合、個人輸入代行業者を介するのが安全である。

ビダリスタ(シアリス ジェネリック)

 ビダリスタ(シアリス ジェネリック)ビダリスタはED治療薬としてシアリスの人気の高いジェネリック医薬品です。 副作用が少なく、食事によって効き目が左右されず安定していて、36時間という長時間効き目がある点で人気があります。

 

ビダリスタ 購入 >>>