ED(勃起不全)治療薬の有効成分の比較

シルデナフィル(シルデナフィルクエン酸塩)

シルデナフィルは、世界初のED(勃起不全)治療薬、バイアグラとして販売されました。水に溶けやすいことから短期間でしっかりと効果を感じることができます。

バイアグラの特許は2014年に満了となっているため、日本国内でもシルデナフィルを有効成分としたジェネリック医薬品が多く製造されています。

バルデナフィル(バルデナフィル塩酸塩水和物)

バルデナフィルを有効成分としたレビトラは、バイアグラに続いて2番目のED治療薬として販売されました。有効成分の中で最も水に溶けやすく、最高血中濃度に達するまでの時間が最短 8であるため、即効性があることが特徴です。

タダラフィル

タダラフィルは、シアリスの有効成分です。タダラフィルは水に溶けにくいことから、作用時間が長い、副作用が出にくい、という特徴があります。効果は最大36時間も続き、金曜の夜から日曜の朝まで効果を維持することができるため、海外では“ウィークエンドピル”と呼ばれています。