何故シアリス通販なのか?

ED治療薬は、放っておいてもよくならない症状を、性行為時に効能を発揮さえせる素晴らしいお薬なのです。
治療薬の中でも、効果時間が長いことで人気が絶えないシアリス。
精神的なことから発症したEDの症状から、加齢によりEDの症状を発症された方まで、幅広く人気があるのが特徴です。

どこで入手が可能なのか?ー ed治療薬 の通販ー

シアリス(Cialis )は、日本国内の処方箋で処方されているED治療薬となります。
シアリスの服用をすでに決定されているのなら、クリニックへの予約時にシアリスの処方の有無を確認されることをお勧めいたします。
全てのクリニックにシアリスの処方が可能なわけではありません。
近隣のクリニックにおいて、処方が不可能であってもシアリス通販という選択が他にもあります。
しかしながら、一般的な通販サイト、アマゾンAmazon、楽天などでは購入することはできず、シアリス通販においては海外よりの「個人輸入」扱いになります。

シアリスを知る

シアリスは、最初にバイアグラが登場した後に販売されたレビトラの後、世界で3番目のED治療薬となります。
シアリスは主成分をタダラフィルとし、イーライ・リリー社より製造販売されている、世界で初めての「長時間型勃起不全改善薬」となり、日本国内では日本新薬が日本イーライリリー、本社:神戸市、社長:アルフォンゾ G・ズルエッタとライセンス契約を結び、販売をしています。
海外においてはジェネリック版シアリス、俗にいう「シアリスジェネリック」も販売されています。

シアリスの特徴は、効能があらわれはじめてから平均36時間効能が持続することと、服用前の食事の影響をさほど気にしなくても良いところだといえます。
このシアリスの効果は世界中で愛されているため、ジェネリック版の人気も、うなぎのぼりとなっているというわけです。

シアリス通販を望むなら

シアリス通販は基本的に日本国内ではNGとなています。しかし遠隔治療などが増えてきている近年では自宅まで治療薬が届くことも可能となりました。
しかし、同じ通販感覚で治療薬を購入される人の中には、安価なシアリスジェネリックを求める人が多くなっている上、保険適用外で高額なシアリスを個人で輸入して服用されている方も少なくありません。
日本国内では、個人が服用する際のED治療薬の個人輸入は認められています。
「個人が服用する」とは、個人が服用する1ヶ月分、つまり1回30錠を指します。

個人輸入の際に気をつけること
● 服用者名義で、服用者の住所へ商品を届けなければいけない。
● 治療薬の又買いや贈与は禁止されている
● 1回の輸入は30錠まで

これらの事が規則として、設定されているため必ず厳守しましょう。

まとめ

● 一般的な通販サイト、アマゾンAmazon、楽天などでは購入することはできない。
● シアリスは主成分をタダラフィルとし、イーライ・リリー社より製造販売されている。
● 海外においてはジェネリック版シアリス、俗にいう「シアリスジェネリック」も
販売されている。
● シアリスの特徴は、効能があらわれはじめてから平均36時間効能が持続すること。
● シアリス通販は基本的に日本国内ではNG。
● しかし、個人が服用する際のED治療薬の個人輸入は認められている。
● 原則として、個人が服用する1ヶ月分、つまり1回30錠を服用者名義で、服用者の住所で輸入しなければいけない。
● 転売・譲渡は禁止されている。

シアリス

Cialis(シアリス)

世界シェアトップの勃起不全(ED)治療薬です。

イーラリリー社開発の経口内服薬で、持続時間が長いことが人気の理由であり、この医薬品の最大の特徴です。

持続時間が36時間と長くタイミングを気にする必要がないという理由から、海外では「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。

シアリスの購入へ>>